レイカディア大学草津校在校生クラブ活動  



絵画クラブ

絵手紙クラブ

書道部

囲碁クラブ

     
自彊術クラブ

フォト・ウォーククラブ

卓球部

城郭探訪会

グラウンド・ゴルフクラブ

詩吟クラブ




卒業後も活動しているクラブ
フォト・ウォーククラブ32-34会
(外部リンクへ)
フォト・ウォーククラブ35会(外部リンクへ)
フォト・ウォーククラブ36会(外部リンクへ)
フォト・ウォーククラブ37会(外部リンクへ)
フォト・ウォーククラブ38同窓会(外部リンクへ)




























絵画クラブ
   ホームページ

 

絵画クラブは絵を描きたい人の集まりです。小・中・高以来描いたことがないけど、時間が出来たことだしチョット描いてみたいな、という方。大歓迎です!!

画材は問わず油絵・水彩・切り絵・色鉛筆・パステル・織物など自由です。経験のある方もない方も教えあいながら、和気あいあいと楽しくをモットーにしています。

必修講座終了後から4時半まで、調理室がアトリエです。昨年は京都府北部の伊根港でスケッチ会をしました。

大学祭には一年の集大成として、各自、数点の自分の気に入った作品を見て頂けるのを楽しみに準備しています。

年会費は千円です。始めはお子様の使い古し絵具セットがあれば十分ですし、鉛筆と画用紙も準備していますので、どうぞ気軽にのぞいてみて下さい。

絵を描く楽しみと出会いを創りましょう。活動や作品についてはクラブのホームページをご覧ください。


部長 仲谷文夫
                       


このページのtopへ





































自彊術(じきょうじゅつ)クラブ


 一生懸命に講義を聞き、疲れた脳と身体をそのまま家庭に持ち帰らず、充分に「ほぐして」さわやかに帰宅するのがクラブの目的です。
 この健身術を創ったのは中井房五郎という天才手技療法士です。発表されたのは1916年(大正5年)で、彼は医療制度が未だ不充分であった時代に、現在の按摩、指圧、整体、カイロプラクティック、マッサージ等をミックスした数百種に及ぶ手技療法で難病を治したと言われる伝説的存在の人でした。その治療法に代わるべきものとして、氏により案出された31の体の動かし方が「自彊術体操」なのです。
 活動は一年、二年の必修講座のある日の放課後です。場所はフロアーカーペットの快適な教室の介護実習室を継続して使わせていただいています。今期から導入のビデオを指導者として、各自思い思いにできる範囲で楽しく脳と身体を「ほぐして」います。
 悩みは34期の部員が少ないことです。今からでも遅くありません、一緒に「ほぐし」ませんか。

                       自彊術クラブ 部長 山田 豊


このページのtopへ




































書道部


 

38期生(8名)・39期生(8名)の部員で活動しております。

内田・小林両先生のもと各部員のご指導をして頂いております。各自が課題を決

めて思い思いに筆を走らせております。書き上がったものを先生の指導を頂いて

おります。

練習成果の大きな発表の場として、レイカディア大学文化祭に向けて集中度が

増してきています。学内からの要請もお受けし、喜んで貰えるよう努めています。        

 昨今はあまり手書きで文字を書くことが少なくなっている現状がありますが、

熟年期を迎えた今こそ、毛筆の文字を生かし今後の地域に貢献できればと思います。

練習日は、必修授業のある日に第二教室で実施しています。

一度、気軽に覗きに来てください。

                     平成29127日 練習風景



                       
書道部クラブ 部長 山下 龍司


このページのtopへ




































卓球部


 私たち卓球部は「卓球を、より楽しもう」をモットーに、毎月必修講座の終了後、午後3時過ぎから4時半くらいまでレイカディア大学の体育室でみんなが和気あいあいと、楽しく活動しています。  必修講座で固くなった頭と体を体育室のフロアーで、準備体操とストレッチでほぐしながら、卓球台二台をクラブ員がそれぞれセットし、ダブルスやシングルでピンポン玉に飛びつく人、軽快にフットワークをしながら打ち返す人など、それぞれ個人のレベルに合わせて無理をしない程度に、健康づくりとコミュニケーションを図りながら活動しております。  昨年は34期生の方が卒業され部員が少なくなり、一時心配でしたが、新入部員の方も大勢入部され、にぎやかになりました。現在は総勢17名で活動しております。毎月2回くらいの頻度で卓球(ピンポン)を楽しんでいます。  日ごろの運動不足を感じておられる方は、一度体育室へおいでいただいて体験して下さい。卓球は手軽に出来て、足腰が鍛えられます。ラケットも用意してありますので、気軽にスポーツを楽しみ、みんなで一緒にいい汗かきましょう!更衣室もあります。

                       卓球部 部長 近藤 修


このページのtopへ




































グラウンド・ゴルフクラブ


  グラウンド・ゴルフは、ルールも簡単で、誰でも簡単にプレーできることから、高齢者のスポーツとして大きなブームになっています。
レイ大グラウンドゴルフクラブは、「部員一同が楽しみ、親睦を深め合い、技能の向上と健康の増進を図る」ことを目的に活動しています。今年度は、新たに19名の新入部員を迎え、総勢31名で月1~2回必修講座終了後、学校近くの「南大萱霊園内・グラウンドゴルフコース」で練習を行っています。また、毎月同練習コースまたは、県内の各コースへ遠征して月例コンペを開催しています。入部者には、経験者もおられますが、初心者の方がほとんどで、初めての方には打ち方、ルールについても説明し、皆さん短期間でかなり上達されています。 
 12月に今年度第一回コンペとして「新入生歓迎コンペ」を草津市のパナソニックリゾート・Gゴルフコースで17名が参加し盛大に行いました。新入部員の方も日頃の練習の成果を発揮し、まだ入部期間が短いにもかかわらず上位に食い込んだ方もおられ、これからの上達が楽しみです。
今後も皆で楽しくプレーし、部員相互の親睦と心身のリフレッシュを図っていきたいと考えます。

                       グラウンド・ゴルフクラブ 部長 小谷 崇道


このページのtopへ




































絵手紙クラブ


 絵手紙のキャッチフレーズは「ヘタでいい、ヘタがいい」。心を込めて一生懸命にかいたものは、相手の心を打ちます。上手にかこうと思わないで、その人らしさが出ることが大切です。絵手紙は適度ににじみが出る画仙紙はがきに青墨で輪郭や線をかき、顔彩で色付けをします。線を引くには「集中力」が大事。筆のてっぺんを軽く持ち、ひじをあげ、指、腕、肩の力をぬいて、リラックスしてかきます。私も先輩に「ヘタでええから!」と誘われ、昨年入部して2年目に入りますが、まだまだヘタです。でも絵手紙を送った相手から、ありがとう!の一言を頂きますとまた、ヘタやけど書いてみようと思います。現在、35期生が中心に活動中です。作品は、大学祭での発表はもちろん、地元銀行の支店でも展示させて貰っています。
 昨年度は34、35期生合わせて25名で活動していましたが、今年の9月に34期生が卒業しましたので寂しく思っていましたが、この11月には36期生11名の方に入部頂きまして、賑やかになりました。活動は、必修講座の授業の日に第2研修室にて、3時15分~4時半まで活動しています。
 少し残念なのは20期生から16年間ご指導頂いていました「福井先生」が、この10月で退かれたことです。でも、伝統を引き継ぎ今期から新しく「田中先生」にご指導頂いております。
 画題はそのときにかきたいと思った品で、さつまいもや柿、パプリカ、花など季節に応じた品を各自が持ち寄り自由にかきます。それぞれが時間内に1~3枚をかき上げ、作品を前に貼って先生が寸評します。
 ハガキに思いを自由に表現し、その時の気持を一言添えるそんな「絵手紙」をあなたもぜひ、誰かに送ってみてください! わいわい、がやがや一緒にやりましょう!皆さんの入部をお待ちしています。

                       絵手紙クラブ部 部長 畑中 耕治


このページのtopへ




































フォト・ウォーククラブ
   ホームページ

私たちフォト・ウォーククラブは、その名のとおり写真やウォーキングの好きな仲間の集まりです。2013年8月現在で部員数120名を数え、レイ大クラブの中で所属人数が最大のクラブです。
その活動内容は、
①年7回のフォト・ウォーク、
②デジタルカメラの講習会、
③写真展示会、
④懇親会等です。
ウォーキングだけでなく、デジタルカメラの講習会で習得した技術を使ってフォト・ウォーククラブ写真展や大学祭で力作を出展しています。 また、ウォーキングは参加者の年齢、ウォーキング初心者を考慮して以下の内容で行っています。
①10Km程度の距離、平坦コース
②名所旧跡、撮影ポイントを2、3か所は含む
③参加費は通常1,000~1,500円でバスや会食を利用しても3,000円以下
現地に詳しい観光ボランティアさんに案内や説明をお願いすることも多く、歴史や文化がよく分かると好評です。 活動の様子や詳細については、是非ホームページをご覧下さい。

                       フォト・ウォーククラブ 部長 壁瀬 秀夫


卒業後も活動しているクラブ
フォト・ウォーククラブ32-34会
(外部リンクへ)
フォト・ウォーククラブ35会 (外部リンクへ)
フォト・ウォーククラブ36会 (外部リンクへ)
フォト・ウォーククラブ37会 (外部リンクへ)



このページのtopへ




































囲碁クラブ


 現在の会員は11名です。女性の方も含めて募集中です。必修科目の授業の日に、第一教室で3時15分〜4時30分まで活動しています。その時には、卒業生の団体である『星目会』の方々も応援に来て頂いております。今後は星目会の例会にも参加したいと思っています。 卒業生との対抗試合もあります。また、ゴルフコンペや年二回の対局を含んだ親睦旅行等も行っております。自由参加ですが、水曜日が5週ある月には、5週目の水曜日に草津で先輩との飲む会もあります。 これからも囲碁を媒介として、楽しい人間付き合いをしていきたいと考えています。一生涯楽しく交流できる知的な活動に、是非、御参加をお待ちしています。

                       囲碁クラブ部長 堀井 宏


このページのtopへ




































城郭探訪会


  私達城郭探訪会は、近江の城郭を中心に、毎月例会を開催し城跡を訪ね歩いています。会は草津校、米原校の三五期、三六期生とOBの方より構成し総勢一〇〇名を超える大所帯です。 滋賀県・近江は京の都の隣に位置し、京への影響力を保持し又京を守り、一方京へ上る通過地となっていました。その為街道のいたる所に大小の山城が設置されました。その数一三〇〇余りと言われています。その城跡を訪ね、古道を歩き昔を思い又そこからの景色を楽しみ、一寸した山歩きの楽しみも味わう事が出来ます。そして年一回他県の城郭を探訪します。各学科より多くの方が参加されております。他学科の方との交流も出来、人の繋がりも広くなります。草津校、米原校より参加出来る唯一のクラブでもあります。健康管理と色々な地域の情報交換の場として、卒業後の絆を深め合う場として活動しています。
今後のスケジュール
  25年
    12月 蒲生野雪の山古墳瓶割山城跡
  26年
     1月 多賀大社・勝楽寺城
     2月 甲南・新宮城
     3月 野洲・小堤城
     4月 岩村城・明智城
     5月 観音寺城
     6月 蕃尾城
     7月 和田山城
     8月 総会懇談会
     9月 虎御前山城
    10月 小谷城

                       城郭探訪会 部長 関 實


このページのtopへ

































詩吟クラブ


         
  詩吟クラブへの案内はこちら              


このページのtopへ