課題学習発表会 
 期日  平成24年 7月27日
 
各クラスごとに、今年取り組んだ課題学習発表会が開催されました。
33期園芸学科Aクラスでは4班に分かれ、半年間取り組んだテーマについて報告され、各チーム努力の取り組みがうかがえました。

発表テーマは
A班 ⇒ 比較栽培による野菜作りの研究
B班 ⇒ ササユリから学ぶ里山の現状と今後
C班 ⇒ 公園樹木の実態調査
D班 ⇒ 自治会活動の参画意識を改革するには

   
                      A班 ⇒ 比較栽培による野菜作りの研究
   
                      B班 ⇒ ササユリから学ぶ里山の現状と今後
  
                      C班 ⇒ 公園樹木の実態調査
   
                      D班 ⇒ 自治会活動の参画意識を改革するには
   
 近江の城〜城が語る湖国の戦国史
 期日 平成24年 7月20日 (金) AM
 講師 中井 均 先生
滋賀県立大学人間文化学部准教授
  
城の歴史遺産について、近江の重要な位置づけや成り立ちを説明頂き、非常に勉強になりました。
お城を見る目が、これから変わって来るものと思います。

   
高齢者を狙った悪徳商法の手口と対処法
 期日 平成24年 7月20日 (金) PM
 講師 高野 裕美子 先生
滋賀県消費生活センター 消費生活相談員

悪徳商法に私だけは被害に合わないと思っていましたが、今日のお話を聞き、巧妙な手口で狙われている事を再認識し考えを新たに致しました。

今日覚えたこと !!!

  1、うまい話はない
  2、儲かる話はない
  3、困ったらすぐに相談する

   
   
 琵琶湖の神秘〜湖底遺跡の謎に迫る
 期日  平成24年 7月 6日 (金) AM
 講師  大沼 芳幸 先生
滋賀県立安土城考古博物館 副館長
 

琵琶湖と我々人類が共存してきた文化を、琵琶湖湖底遺跡調査から興味深い講演をお聞きしました。
謎に包まれた古代歴史に興味深く聞き入りました。

   
   
共に生きる〜誰もが安心して暮らせる地域社会の現実を目ざして
 期日  平成24年 7月 6日 (金) PM
 講師  田村 きよ美 先生
アイリス施設長

社会福祉法人 虹の会 の事業内容と取組について、現在の福祉の現状と今後の展開について講演をいただきました障害を持つ人が普通に暮らせる社会作りを目ざして今後とも活力的に取り組んで頂きたいと思います。

   
   
 東洋医学の養生の智慧〜養生法とツボ療法
 期日  平成24年 6月22日 (金)
 講師  矢野 忠 先生
 明治国際医療大学 教授
東洋医学の、基本的な概念をわかり易く説明して頂きました。

自然に対応した治療法で長年の経験から確立された医学で、即効性はありませんが副作用も少なく安全な治療法とお聞きしています。
健康管理にも今日のお話が役立つものと思います。

鍼灸治療・お灸・ツボなど興味深いお話をお聞きし
ツボ養生をトライしてみたいものです。

 
   
   
 ニュースポーツ大会
 期日  平成24年 5月25日 (金)

 ニュースポーツ大会が開催されました。
ニュースポーツの種目は、クロリティ・キンボール・ピンボーリング・シャッフルボード・囲碁ボールの5種類と
体力測定です。
普段体を動かす機会が少なくなってきており、心地よい運動が出来ました。

 
準備体操
 
ピンボーリング
 
キンボール
 
クロリティ
 
囲碁ボール

シャッフルボール 
 
体力測定
 
朝鮮通信使〜江戸時代の通信使の足跡 
 期日  平成24年 5月18日 (金)  AM
 講師  中尾 清 先生
 大阪観光大学教授

滋賀県にも関係の深い、 朝鮮通信使の背景・歴史について、講演をお聞きしました。
滋賀県高月町出身の儒学者・雨森芳洲や、なじみの深い朝鮮人街道など我々に関係の深い身近なお話をお聞きし、韓流ドラマ・観光だけでなく、日本・韓国のつながりがより深く理解出来ました。

    
   
 地球環境の危機を生き延びる滋賀のシナリオ
 期日  平成24年5月11日 (金)  AM
 講師  滋賀県琵琶湖環境科学研究センター長
                   内藤 正明 先生

地球環境保全がクローズアップされている中、持続可能な社会を作るには・特にエネルギーの枯渇を踏まえ我々が、子孫に残していくにはどの様に取り組むべきか?について講演をお聞きしました。大上段に構えて大きな取り組みはできませんが、各自出来ることから少しでも取り組むことが必要と痛感しました。

   
   
 高齢者の交通事故防止
 期日  平成24年5月11日 (金)  PM
 講師  滋賀県警察本部交通部    矢野 直人 警部
「交通安全ふれあいチーム」  日笠 絵美 巡査長
                   山本 敦子 巡査
 
高齢者の交通事故が増えている中、交通事故防止をいかに意識して取り組んでいくかの講演をして頂きました。我々にとって、最も身近な問題であり、交通事故を起こさない様に一人ひとり意識して守って行きたいと思います。
又、後半では 交通安全ふれあいチームによる寸劇をしていただき、よりわかり易い講演でした。

   
 
   
第二回 ボランティアの日〜外来魚駆除〜
 期日  平成24年 4月27日 (金)
 場所  大津市におの浜 ・アリーナ
 地域活動・ボランティア活動・校外学習の覧をご覧ください。
   
   
   
 思い出を育てて未来を創る〜ふるさと絵屏風による地元学
 期日 平成24年 4月20日  AM
 講師 上田 洋平 先生
滋賀県立大学地域づくり教育研究センター研究員

ふるさとのかたちを絵屏風に残して、将来に伝えていく取り組みの講演をして頂きました。
ふるさと五感体験アンケート調査、聞き取り調査など、地元の方の記憶を掘り起し、絵屏風にしていく作業は大変根気のいる作業と思います。
絵屏風を見ると、我々の子どもの頃の懐かしい風景が思い起こされます。

   
   
 美術館入門〜石山寺と縁起絵巻
 期日  平成24年 4月13日   AM
 講師  高梨 純次 先生
県立近代美術館学芸課長
 
石山寺の創建の歴史から、縁起絵巻など、時代背景を踏まえて説明頂きました。
歴史的背景など近くにいながらわからないことが多少理解できたと思います。

   
   
福祉用具で生活圏の拡大 
 期日  平成24年 4月13日  PM
 講師  谷 佳代 先生
県 福祉協議会 福祉用具センター 作業療法士
介護に現在関わっておられる方や、これ関わる可能性は我々の年代では、重要課題です。

介護の基本的な考え方・福祉用具や住宅福祉改修 をいかにうまく使って、イキイキライフを送るか、 身近な問題をわかり易く、用具を使い説明して頂き非常に勉強になりました。
 
   
   
 オオムラキから学んだこと 〜 里山から琵琶湖に向けて
期日  平成24年 4月 6日 (金) AM
講師  樋口 善一郎 先生
オオムラサキを守る会 会長

オオムラサキを守ることは手段であり、目的ではないという視点に感動を受けました。
かぶと山(里山)を守り、琵琶湖を守り、地球環境保全につながることを痛感しました。


   
   
 無縁社会における地域の縁結びのかたち 〜新しい公共と叫ばれる時代に〜
 期日  平成24年 4月 6日 (金) PM
 講師  山口 洋典 先生
立命館大学サービスラーニングセンター 准教授

無縁社会になりつつある今、我々のなすべき事がある程度理解出来たと思います。
これからは、いかに実践していくかです。