地域活動体験学習発表会 
 期日  平成23年7月29日
 場所  第四教室
   

今年の発表会は、各クラスごとに地域活動体験学習発表会が実施されました。
昨年は、レイカディア大学全学科が、大教室で代表者の発表がありましたが。
出来るだけ、全員が発表でき、質疑などが出来ることが望ましいとの事で変更されたようです。
33期園芸学科では、下記の発表一覧表の通り23テーマが発表されました。
園芸活動以外の取り組みも多く発表され、地域活動に対する意識の深さを痛感しました。
  
     
     
       
     
     
    
   
 農耕民族の伝統行事について
 講師  大宮信生 先生
 大野神社 宮司
 期日  平成23年7月22日  AM
日本古来のしきたり・行事についての講演を頂きました

特に、神・神社の行事については、知っているようで
全く無知であることを痛感いたしました。

少しでも、意味を理解して今後に行かしていければと
思います。
 
   
   
お母さんの「自己実現」応援 
 講師  小川 泰江 先生
 NPO ぴいめーる企画代表
 期日  2011年7月22日 PM
−自分らしい一歩を踏み出すために−

 NPO ぴぃめいる  の取り組み

について、講演を頂きました 
 
   
 二人の人生・精一杯生きる
 講師 北村 孝子 先生
滋賀県立大学 人間看護学 教授
 期日  平成23年8月5日 AM
歩くこと、手・足を使う事の重要性 など
高齢者に向かっている我々が、健康に生きるための
講演を受けました。

体を動かし、健康に生きる為にがんばりましょう。
 
   
高齢期は学びの時 
 講師 神部 純一 先生
滋賀大学生涯学習教育研究センター 准教授
 期日 平成23年8月19日  AM
高齢期は学びの時
 一人ひとりが豊かにいきるためにの講演を受けました

人生を豊かにする生涯学習・年をとることの意味・生涯学習の成果を生かす・ボランティアを身近に感じよう

生涯学習の必要性・重要性を痛感しました。
豊かに生きるために、時代進歩に負けることなく取り組んで行きたいと思います。