レイカディアレイカディア大学 草津校 ホームページ
43期 地域文化学科 地域活動    TOPページへ   

クラス紹介 学習内容 校外学習 地域活動 大学祭 親睦会 課題学習 エトセトラ

ボランティアの日

2022年3月22日,「文化公園の清掃活動」は中止となりました。 

前日からの雨、午前中には、その雨も上がりそうな気配もあり、学生は軽トラに清掃用具満載して来る人や
百均で手帚を買って、鞄からはみ出た新品箒を持参して、バスに乗って登校してきた人等々、
さすが大人の奉仕活動、 学生時代に「雨で中止」を喜んでいた姿勢とは別格でした。

しかし、ボランティアの日の委員さんは、当日朝も下見行き、足元の状況も悪く危険なため「安全第一」の賢明な判断『中止]』を伝えていただきました。(右写真:委員長は我が地域文化のTさんです)
委員のみなさま、入念な準備、お疲れさまでした。


「地域体験学習」実施についてのガイダンス
3月25日午前中、ガイダンスが事務局よりありました。
レイカディアの設立目的は「地域活性化の担い手として活動できるように支援すること」_その目標達成のために、卒業後の地域活動をより確かなものとするために、在学中に、地域との関わりやつながりを自らつくる体験をおこなう。
手順は、居住地のボランティアセンター訪問→選定・予定表提出6/10まで→体験実施(4~8月)2日間→報告書提出10/12まで→9・16クラス内で報告会
→代表が新入生へ発表(3月…42期生は本日実施)
 
その後、42期生の学科で一名、以下の体験が発表されました。


 様々な感謝をいただき
  人生を豊かに
 
共に考える一歩
守山共同作業所で
視力障がいになってからの一歩_   地域情報誌つくりでステージUP レイカディア大卒の仲間と
和気あいあいと 
趣味と合致した卓球
から障がい者支援に 
 園芸学科  Mさん 陶芸学科 Yさん  びわこ環境学科 Kさん 地域文化学科 Kさん  健康つくり学科 Ⅰさん
・飼い主が無くなり、瀕死の柴犬との出会いからボランティアを組織
・法則=できる時に無理なく/仲間を巻き込んで
①支え合う
②汗とネットワーク
③気持ち一つで動いてくれる人と
・内容例…猫の糞処理/
家財処分樹木選定 等
 →
・お金に変えられない豊かさを得る
<守山協同作業所>
 ・作業内容
*部品の組み立て *花や野菜の栽培 *食品関係
・課題…収益が少なく、利用者の手当があまり出せない
<ボランティア内容>
利用者と共に、除草・苗植え/
空き缶回収等
<気付きと学び>
・利用者の穏やかな生活空間
・同じ場にいる事が障がい理解 ・ボランティアの組織づくりレイ大の仲間に来てほしい
 ・Kさんは、57才から前の人が見えない視力障がいの為、70才になると家の中ばかりの生活になりレイ大に入学。
・卒業後、車も自転車も乗れない・人込みも×で、どこにボランティアに行けばいいか???
・見つけた!徒歩1分の「まちつくり協議会」で”広報の手伝い”
草津市山田学区7800人で公式アカウント600名のフォローア数
今後
ホームページのさらなるステージUPをめざす
「レイカ野洲とは」
・月1回
・図書館の敷地内のビオトープの管理・除草・剪定
・びわこ学園の車椅子の点検
・図書館で授業で作成した紙芝居

<終えて>
・レイカディア大学の卒業生ばかりで同体験者という和気会い合いとした雰囲気
・剪定の知識不足を感じた

 障がい者の卓球サークル
 「にこにこサークル」
<ボランティア内容>
・ピン球拾い…床の球を車椅子から拾うのは大変・視覚障害の方には危険/台の設置 等
<卓球ラリーをして学んだ事>
・車椅子からの目線は違う
・本人のプライドを大切に
・それぞれの障がいを聞くこは失礼でなく、サポートに必要
<学んだこと>「~してあげる}は失礼!趣味を共有する場。